ウィンドウクリーナーにはどのような機器が必要ですか?

窓拭きはもはや普通の仕事ではありません。それは本当にどんな窓も掃除するための適切な道具と設備を持っている専門家のために予約されています。自分の家の窓を掃除したい場合でも、窓掃除サービスを開始したい場合でも、窓を輝かせて輝かせるのに必要な基本的な製品と機器を知ることが不可欠です。窓は一日中ほこりや汚れにさらされているため、窓の掃除は簡単な作業ではありません。ただし、汚れた窓は家をより薄汚く見せることを理解する必要があります。これが、ウィンドウクリーナーの需要がこのように高まっている主な理由の1つです。それでは、プロではないすべてのクリーナーが窓を効果的に掃除するための適切な機器は何ですか?タイプが異なればさまざまな機器や手入れが必要になる可能性があるため、これに対する簡単な答えはありません。あなたはあなたが始めるために必要な窓掃除装置について混乱していますか?

スキージ
スキージを使用して窓を乾かし、傷のないクリスタル仕上げにします。ゴムはスキージの最も重要な部分です。スキージの刃を鋭く保ち、ひびや傷がないようにします。ハンドルはラバーやチャンネルとは別に購入できます。高所で作業する場合は、ハンドルが回転していることを確認してください。

Tバーを洗う
ワッシャーは、化学薬品を窓に塗布するために使用するツールです。それらはすべての異なるメーカーとサイズで利用可能であり、スリーブとTバーを別々に購入することができます。一部のスリーブには研磨パッドがあり、一部は一般的な綿で、一部はマイクロファイバーです。

スクレーパー
スクレーパーは、鳥の糞や泥など、窓に溜まった破片を取り除くために使用されます。スクレーパーには非常に鋭利なかみそりの刃があり、窓の長さを走り、取り除く必要のあるものを通り抜けます。

かみそりが窓に平らに横たわっている場合は、ガラスをこすりません。ガラスの汚れがすじやスキージゴムを作るので、ウィンドウスクレーパーを利用することはプロの結果にとって不可欠です。

バケツ
当たり前のように聞こえるかもしれませんが、ウィンドウクリーニングソリューション用のバケツが必要です。また、洗濯機に十分な長さのバケツがあることを確認する必要があります。50cmのワッシャーが40cmのバケツしかない場合、これは機能しません。

最後に、窓をキラキラさせるために洗剤が必要になります。使用するのに最適なブランドについては、インストーラーに相談してください。それ以外の場合は、成分のリストを確認して、ガラスを損傷することなく窓を最も効果的に掃除するのにどの製品が効果的かを判断する必要があります。

安全性と有効性を確保するために、はしご、足場、ベルト、またはその他の装置で必要な高さに到達することが非常に重要です。窓拭きは、適切に行われると、簡単で効果的なプロセスになります。

エクステンションまたは給水ポール
高さで作業する場合、延長ポールは不可欠な機器の一部です。一般的に、ポールを最大の長さに伸ばすと、剛性と強度がいくらか失われるため、必要と思われるよりも少し長いポールを購入することをお勧めします。すべてのスキージハンドルとウィンドウクリーナーは、延長ポールに接続することを目的としています。

窓を掃除する最も簡単な方法を探しているなら、給水ポールとブラシの使用を検討してください。給水ポールに慣れていない場合は、説明させてください。それは基本的にそれの終わりにブラシで本当に高く達することができるポールです。純水(汚れや不純物が入っていない水)は、小さなチューブの中をブラシのある上部まで流れます。クリーナーはブラシを使用してガラスの汚れをかき混ぜてから、ガラスを洗い流します。

この方法では、ウィンドウの見栄えが良くなります。筋やスキージ跡は残りません。通常、窓枠も見栄えがします。このタイプのウィンドウクリーニングはほとんどスキルを必要とせず、ほとんどの人はそれをかなり速く理解することができます。


投稿時間:2021年6月24日